遅れる技術

歯ブラシを持つ女の人

海外ではインプラント治療も、矯正歯科での治療もどんどんと進んでいます。しかし…日本では様々な権利の問題で中々思うように最新の治療方法が入ってきません。歯科矯正って時間もかかるし大変に面倒な物ですよね?しかし…それが飛躍的に簡単になる方法が既にアメリカでは開発されているのです。従来の矯正器具のようなワイヤーや金属でできている物では無く、マウスピースで行う治療…これは3D技術等の発達によって可能になった物で、貴方の現在の歯並びからベストな状態になるまでをしっかりと算出し、それをマウスピース数個へ形にしてしまえるのです。ですからこれまでのつけたらつけっぱなしに審美性の悪い治療機器では無く、透明で一見つけているのかもわからない、上に自分で簡単に取り外しが可能なマウスピースで歯科矯正が可能になったと言う事なのです。 後は矯正の進み具合によってだんだんと理想形のマウスピースへ付け替えていけばいいだけ、これまで大きな問題点となっていた矯正器具による歯垢のこり=虫歯の増加や、見た目の悪さ等を一気に解消してくれた魔法のような治療なのです!これも海外ではあたりまえに行われていますが日本ではまだまだ浸透していませんし、最新の治療ですから費用も高額…更に日本では矯正治療に保険が効きませんから、更に高額な治療費が必要となってしまう事になるのです。このへんも一刻も早く理解され、成長に必要な、生活に必要な治療であると認められれば良いと思います。